ピアノは生き物 | 使っている楽器のメンテナンスをしっかり行おう

ピアノは生き物

ピアノは引いているうちに音が合わなくなった、引きにくくなったなどの症状が現れることがあります。ピアノは放置してもダメですし、引き続けてもダメージを受けやすいデリケートな楽器です。修理に出すべき症状としては、音程や音質が変わっきている、鍵盤部分に異常がみられる、ピアノを引いていると別の音がきこえる、鍵盤が引きにくくなった、見た目的に塗装が剥がれた、サビついている部分があるなどの症状がある場合は、専門の業者に依頼して調律をしてもらった方がよいでしょう。早めに対処することで、ダメージを最小限に抑えることができます。ダメージが深刻化する前に調律を行なって元通りの綺麗な旋律を奏でるピアノに戻してあげましょう。

ピアノは生き物と言われるように私達と同じくデリケートに扱うべきものです。今使用しているピアノを大事に長く使用したいのならば、一年に一回は検査や調律を行なって元の状態を保てるように努力した方がよいでしょう。気になる部分が発生したら修理に出すのも手段の一つです。ピアノは置いてある環境によって影響を受けやすい楽器です。湿度や温度にも影響を受けるので、最適な環境化で管理することで長生きすることができます。ピアノの寿命は他の楽器よりも長いことが多く、ちゃんと手入れを施すことで百年以上現役で活躍することもできます。そのため、修理や調律を行なう時は腕利きの職人に任せることが大切です。腕の良い職人は、ピアノの良し悪しをしっているので、きっちりと直すだけでなく音も完璧に合わせてくれます。信頼できる業者をいち早く見つけて、早期発見早期治療を心がけることでピアノの寿命がかなり伸ばすことができます。